野球クロスロードBACK NUMBER

大一番で見せた“4番・中田”の輝き。
収穫を得た日本ハムに下克上の予感。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/15 11:40

大一番で見せた“4番・中田”の輝き。収穫を得た日本ハムに下克上の予感。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

値千金の一発に中田は「気持ち良かった。ヤバかったです。完璧でした。今年始まって一番最高の本塁打」とコメントしている。

ファイナルステージの鍵を握るのは?

 つまり、ファイナルステージは打線、特に下位打線が勝敗のカギを握ることになるだろう。

「10.2対決」で劇的なサヨナラ打を放った選手会長の松田宣浩は、打線に火がつけば投手陣も勢いに乗るものだ、と言っていた。

「去年、僕らが優勝候補だと言われたのに4位に終わってしまったのは、投打が噛み合っていなかったからやと思います。どんな状況になっても打線がカバーすれば勝てるんです」

 そして、秋山幸二監督の退任も選手たちを奮い立たせる大きな要素となるかもしれない。

 秋山監督が辞任を発表したのはパ・リーグ最終決戦を直前に控えた時期だっただけに、選手も多少なりとも動揺したことだろう。それでも松田が、「監督のために絶対に日本一になって胴上げをしたい」とチームの想いを代弁したように、決戦に向けて気持ちを切り替えられている。

 日本ハムは4番が機能し、下位打線も好調だ。投手陣だって安定している。

 だが、ソフトバンクにはリーグ優勝の意地があり、なにより、監督の最後のシーズンとなった。今こそ一枚岩となり、相手の下克上を阻止する義務があるのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
中田翔
平野佳寿
栗山英樹
糸井嘉男
T-岡田
陽岱鋼
松田宣浩
秋山幸二

プロ野球の前後の記事

ページトップ