セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ゲバラの言葉でサンプドリアが躍進!?
ミハイロビッチが発揮する「名言力」。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/10/01 10:40

ゲバラの言葉でサンプドリアが躍進!?ミハイロビッチが発揮する「名言力」。<Number Web> photograph by Getty Images

サンプドリアを率いるミハイロビッチは、昨季チームのセリエAへの残留を決めて20万ユーロのボーナスを手にした。

「うちはユベントスとローマ以外で唯一の無敗チーム」

 5節のジェノバ・ダービー前夜、ミハイロビッチが引用したのは革命家チェ・ゲバラだった。

「自分たちの旗印を守るためなら、いかなる代償でも払わなくてはならない」

 ダービーという大一番で、絶対に避けるべきは敗戦ではなく、相手へ降伏することだ。

 ミラノやローマと異なり、ジェノバでのダービーマッチが技巧的なゲームになることはほとんどない。28日の試合も消耗戦になった。

 サンプドリアに勝ち点3をもたらしたのは、FWガッビアディーニによる75分のFKだった。試合後「この勝利は、会長、監督、皆でつかんだものだ」と緊張を解かずに語った。

 日曜夜の時点で、サンプは3位浮上の快挙を成し遂げた。

「うちはユベントスとローマ以外で唯一の無敗チーム。3位にいて当然だろう。ひょっとしたら、最終節が終わった後も3位にいるかも」

 不遜ともとれる言葉を口にしながらも、ミハイロビッチの顔は笑っていない。鬼監督は、ロビン・ウィリアムスが演じたように良き教師である必要はないのだ。

 新会長フェレーロに言わせれば、「(筋書きの読めない)サッカーの試合は、週末ごとに封切られる新作映画のようなもの」。'14年秋に封切られた予想外の大ヒット作『ミハイロビッチのサンプドリア』の快進撃はどこまで続くのか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
サンプドリア
シニシャ・ミハイロビッチ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ