野ボール横丁BACK NUMBER

林、池辺、又吉の野球人生の分岐点。
「行けるときにプロへ」という考え方。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/08/01 10:40

林、池辺、又吉の野球人生の分岐点。「行けるときにプロへ」という考え方。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

中日で欠かすことの出来ないセットアッパーとして活躍する又吉克樹。サイドからのスライダーは強力無比だ。

「行けるときに行く」というのもよいのではないか。

 そう、たとえプロで成功しなくても、プロ野球に挑戦した、という事実は永久に残る。

 引退後の生活を考えたら、高卒でプロ入りして数年でクビになった選手より、林や池辺の方がはるかに恵まれている。ただし、彼らがそもそも野球を続けてきたのは、賢明に生きるためでも、潰しが利くようにするためでも、なかったはずなのだ。

 おそらく高校生の場合、プロ入りに対し周囲は慎重になるだろう。行けるときに行くと言うと、乱暴で冷静さを欠いているような印象を与えがちだが、冷静過ぎても大きな決断はできない。

 行けるときに行く――。

 それもひとつの考えだと思う。

関連記事

BACK 1 2 3
林裕也
安楽智大
又吉克樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ