甲子園の風BACK NUMBER

夏の高校野球は「ドラマ性」で見よ!
アンジャッシュ渡部建注目の7選手。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/07/15 10:30

夏の高校野球は「ドラマ性」で見よ!アンジャッシュ渡部建注目の7選手。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

左右両投げの所沢商・増田一樹投手。周囲は左を評価しているが、本人は「右の方が速い球を投げられるんで気持ちがいい」という。

済美の安楽智大に前橋育英の高橋光成、智弁学園の岡本和真など、実績十分の注目選手もさることながら、全国にはプロのスカウトを唸らせる金の卵がまだまだいる。

「芸能界きっての高校野球通」として知られるアンジャッシュ渡部建が、
夏の地方大会を湧かせそうな実力者たちを語る。

 怪我から復活した去年のセンバツ準優勝投手の済美・安楽智大君に、2年生ながら夏の甲子園の優勝投手となった高橋光成君。今年のセンバツで佐野日大をベスト4に導いた田嶋大樹君。横浜の浅間大基君と高浜祐仁君の「ATコンビ」。投打で全国トップクラスの実力を見せる日本文理の飯塚悟史君。高校通算70号を誇る「ナンバーワンスラッガー」、智弁学園の岡本和真君……。

 高校野球ファンなら誰もが注目する選手を推したいのはやまやまですが、ここでは個人的に「ドラマ性があるなぁ」と感じる選手を挙げさせていただきます。

「東北ナンバーワン投手」が岩手に……。

 投手から紹介させていただくと、まずは盛岡大附(岩手)の松本裕樹君。彼は去年、2年生でセンバツを経験し、今年の春の地区予選では150kmをマークした本格派の右腕。「東北ナンバーワン投手」と呼ばれる逸材なんです。

 松本君は神奈川出身で、中学時代は瀬谷ボーイズでプレーしていました。盛岡大附と言えば、一部で「神奈川第二代表」と揶揄されがちではあります。でも、僕からすれば、関東の強豪校に入れなくても見知らぬ岩手の地で練習に励み、全国で注目される投手に成長した、これだけでも素晴らしいことだと思うし、応援したくなります。甲子園では関東の強豪と対戦してほしいですね。

 本格派で言えば、雪谷(東東京)の鈴木優君も注目したい投手のひとりです。

 早い段階から、「雪谷にいいピッチャーがいる」と聞いていたのでずっと気にしていましたが、やっぱり素質は高く、マックス145kmを叩き出す投手に成長してくれました。

 春季大会では、センバツに出場した小山台の伊藤優輔君と「プロ注目の都立ライバル対決」を演じ、彼を意識するあまり10安打7失点と不本意な投球に終わってしまったものの、次の堀越戦では2失点の好投。この勢いで、夏は鈴木君のピッチングでジャイアントキリングを起こしてもらいたいものです。

【次ページ】 絶対に甲子園でもう一度見たい投手。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安楽智大
高橋光成
田嶋大樹
浅間大基
高浜祐仁
飯塚悟史
岡本和真
松本裕樹
鈴木優
伊藤優輔
五十幡亮汰
清水優心
桑原樹
増田一樹
田中空良
済美高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ