沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

総決算の宝塚記念、夏は牝馬を買え!
メイショウマンボが歴史的名牝に挑む。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/06/28 08:00

総決算の宝塚記念、夏は牝馬を買え!メイショウマンボが歴史的名牝に挑む。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

重馬場のエリザベス女王杯を上がりがメンバー最速タイの34秒1で制したメイショウマンボ。初対決となる先輩牝馬ジェンティルドンナにどう挑むのか。

「夏女」が暑さを吹き飛ばす!

 屈腱炎による1年5カ月の長期休養から復帰したウインバリアシオン(牡6歳、父ハーツクライ、栗東・松永昌博厩舎)は、久々の実戦となった昨秋の金鯱賞で3着となったあと、有馬記念2着、年明け初戦の日経賞1着、天皇賞・春2着と、完全に本来の力をとり戻している。

 同じローテーションで日経賞2着、天皇賞・春3着と充実著しい関東馬のホッコーブレーヴ(牡6歳、父マーベラスサンデー、美浦・松永康利厩舎)も圏内だ。

 と、見てきたわけだが、どう買うか。

 史上初の連覇を見たい気もするが、「夏女」に暑さを吹き飛ばしてもらいたい、という願いをこめて印を打つ。

◎メイショウマンボ
○ジェンティルドンナ
▲ゴールドシップ
△ウインバリアシオン
×ホッコーブレーヴ

 メイショウマンボからの馬連で勝負。オッズによっては、マンボから総流しにするかもしれない。マンボの単複も。

関連記事

BACK 1 2 3
メイショウマンボ
ジェンティルドンナ
ゴールドシップ
ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
横山典弘

競馬の前後の記事

ページトップ