沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

総決算の宝塚記念、夏は牝馬を買え!
メイショウマンボが歴史的名牝に挑む。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/06/28 08:00

総決算の宝塚記念、夏は牝馬を買え!メイショウマンボが歴史的名牝に挑む。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

重馬場のエリザベス女王杯を上がりがメンバー最速タイの34秒1で制したメイショウマンボ。初対決となる先輩牝馬ジェンティルドンナにどう挑むのか。

 今週は、上半期を締めくくる第55回宝塚記念(3歳以上GI、阪神芝2200m)が行なわれる。有馬記念同様、ファン投票で出走馬が決められるこのレースは、昔から「春のグランプリ」と呼ばれてきた。しかし、'96年に施行時期がダービーの約1カ月後と遅くなってからはモロに梅雨時と重なり、「梅雨のグランプリ」になってしまった。発表以上に馬場が悪くなり、激しい消耗戦となって、実力馬が思わぬ敗戦を喫したり、逆に、高速馬場で苦しんでいた馬が激走したりと、難解なレースになっている。

 過去10年でフルゲートになったのは1度しかない。それはやはり、勝ち目のないタフな戦いは避けるべきだ、と考える陣営が多いからか。

 今年もフルゲートに満たない12頭によって争われる。

 キズナが骨折のため戦線を離脱し、ジャスタウェイも休養に入ってしまったが、それでも、グランプリと呼ぶにふさわしい精鋭が揃った。

仕上がり万全のゴールドシップ、敵はジンクスだけ?

 1番人気に支持されるのは、ファン投票でも1位だった昨年の覇者、ゴールドシップ(牡5歳、父ステイゴールド、栗東・須貝尚介厩舎)だと思われる。

 昨年は宝塚記念を勝ったあと、秋初戦の京都大賞典で5着、ジャパンカップでは15着と不振に陥ったが、有馬記念で3着になって復活の兆しを見せた。そしてこの春、休み明けの阪神大賞典を快勝。久しぶりに「らしい」姿を見せてくれた。つづく天皇賞・春では、出遅れて外を回ったことが響いて7着に敗れたが、勝ったフェノーメノからコンマ5秒しか離されなかった。同じローテーションだった去年は、コンマ9秒離された天皇賞・春から巻き返している。となると、当然、期待がふくらむ。

 レースでは初騎乗となる横山典弘は、本追い切りのあと「賢い馬です。人馬のコンタクトが滑らかになった」と手応えを語っている。

 須貝調教師も「何も言うことがない」と仕上がりに自信を持っている。

 しかし、ひとつ、この馬にとって嫌なデータというか、ジンクスがある。

 宝塚記念は、JRAの芝で行なわれている古馬GIで唯一2勝以上した馬がいないレースなのである。面白いもので、2年連続2着になった馬は過去10年だけでも2頭(2007、'08年のメイショウサムソンと、'10、'11年のブエナビスタ)もいるのに、連覇した馬はもちろん、1年越しや2年越しで2勝以上した馬もいないのだ。

 半世紀以上つづいたそのジンクスを「ゴルシ」のニックネームで多くのファンに愛されているこの馬が打ち破ることができるか、注目したい。

【次ページ】 「今度こそ」を誓う歴史的名牝。

1 2 3 NEXT
メイショウマンボ
ジェンティルドンナ
ゴールドシップ
ウインバリアシオン
ホッコーブレーヴ
横山典弘

競馬の前後のコラム

ページトップ