SCORE CARDBACK NUMBER

爆発的な成長力を誇る、ハーツクライ産駒の大躍進。
~逆境をはね返したGIホース~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYoshifumi Nakahara/AFLO

posted2014/06/22 10:30

爆発的な成長力を誇る、ハーツクライ産駒の大躍進。~逆境をはね返したGIホース~<Number Web> photograph by Yoshifumi Nakahara/AFLO

安田記念を制したジャスタウェイ。だがレース後の疲労が酷いため、宝塚記念を回避した。

 第81代ダービー馬の栄誉に輝いたワンアンドオンリー(牡3歳、栗東・橋口弘次郎厩舎、父ハーツクライ)は、非常に珍しいタイプの世代ナンバーワン・ホースだ。というのは、2歳夏の小倉芝1800mのデビュー戦は10番人気の12着、続く阪神での未勝利戦では13頭立ての13番人気(単勝260.1倍!)という屈辱的な評価をされた、絵に描いたような劣等生キャリアの持ち主だからだ。グレード制が導入された'84年以降、ダービー馬がその地位に就くまでに2ケタの人気に甘んじたのはサニーブライアン、ディープスカイ、エイシンフラッシュの3頭。しかし、デビュー当初は見向きもされなかったという点で、ワンアンドオンリーの異色ぶりは際立っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甦れ、日本代表。

Sports Graphic Number 2014/6/25臨時増刊

甦れ、日本代表。

 

関連記事

ハーツクライ
ウインバリアシオン
ワンアンドオンリー
ジャスタウェイ

競馬の前後の記事

ページトップ