ブラジルW杯通信BACK NUMBER

ロナウドが試合後に口にした“諦め”。
ポルトガル積年の課題は解決されず。 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/24 10:30

ロナウドが試合後に口にした“諦め”。ポルトガル積年の課題は解決されず。<Number Web> photograph by Getty Images

試合後にピッチに座り込んだロナウドの目に、ベルナベウで見せる輝きはなかった。グループ最終戦、彼はどんな表情で試合に臨むのだろうか。

 それは最後のポルトガルの攻撃だった。

 右サイドのクリスティアーノ・ロナウドにボールが渡ると、彼はファーサイドへクロスを上げた。逆サイドから飛び込んでくるバレラの頭にぴたりと合ったボールは、ネットに吸い込まれていく。

 ロスタイムの同点ゴール。

 しかし絶妙のアシストをしたロナウドは、ぴくりとも動かなかった。手を叩くことも、ガッツポーズをすることもなく、うつむいてゆっくりと自陣へと戻っていく。

 数秒後、試合終了のホイッスルが鳴ると、彼はキャプテンマークを外し、ピッチ上の誰よりも先にロッカールームへと消えていったのだった。

 ポルトガルは米国に勝てなかったことで、グループ突破の可能性がほぼ消えることになった。最終戦でガーナに勝つことが最低条件。さらには米国対ドイツの試合が引き分けに終らず、その試合の敗者を得失点差で上回らなければならない。ポルトガルの得失点差は-4だ。ドイツと米国はそれぞれ+4と+1である。ドイツが米国に大勝し、ポルトガルもガーナに大量得点で勝てば2位突破もあるが、いずれにせよ可能性は非常に低い。

試合後、諦めに似た表情だった選手たち。

 試合後の選手にあったのも、諦めに似た暗い表情だった。

 先制点を決めたナニは悔やむ。

「試合にはいい形で入ることができたんだけど……」

 相手のクリアミスからナニが押し込んだのは前半5分だ。ポルトガルにとってこれ以上ないスタートだった。

 しかしそこからが続かない。中盤でボールが落ち着かず、米国に完全に走り負けた。米国は度々ポルトガルの左サイドを突き、チャンスを掴んでいく。

【次ページ】 2トップに配されたロナウドにパスが出ず。

1 2 3 NEXT
クリスティアーノ・ロナウド
ナニ
パウロ・ベント
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ