ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

フランスの好調を牽引するベンゼマが、
W杯開幕前に語っていた自身の歩み。 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/23 10:55

フランスの好調を牽引するベンゼマが、W杯開幕前に語っていた自身の歩み。<Number Web> photograph by Getty Images

W杯初戦、ホンジュラスを相手に2得点を決めたカリム・ベンゼマ。左サイドのリベリーとのコンビネーションは失っても、欧州王者の不動の1トップの決定力は決して侮ることはできない。

ナスリ、アビダルという同世代への思い。

――ナスリはマンチェスター・シティでプレミアリーグに優勝し、個人的にも素晴らしいシーズンを送りました。彼が選ばれなかったのはショックですか?

「監督は自分自身の選択をした。僕らはそれを尊重し、それに従うだけだ」

――それでは別の友人であるエリック・アビダルも、ブラジル行きのリストから漏れました。彼の欠場をどう埋めていくのでしょうか。

「エリックが外れたのはとても残念だった。彼は病気との闘いに見事に勝って、モナコとフランス代表で復帰を果たした。そのエリックが、僕らと一緒にブラジルに行かない。監督は彼と話をした後に、決断を下したのだろうと思う。発表があってから、彼とは何度も電話で話した。そんなに落ち込んでいないし、今は家族との時間を大切にしている。

 ここまで積み重ねてきた経歴が、彼自身を物語っている。あらゆる面で、エリックはぼくのいいお手本だ」

「若手を成長させるのも僕らの大きな役割だ」

――ディディエ・デシャンが構築したこのフランス代表を、あなた自身はどう感じていますか?

「凄くいいと思っている。将来性のある若手が加わってチームが活性化したうえに、とてもバランスが取れている。バランやポグバ、ディニュ、グリエスマンらは、フランス代表の未来だ。彼らの成長を助けるのも、僕らの大きな役割だ。彼らをサポートし、経験を伝え、勝利の喜びを味わわせる。彼らは成長していきある日、僕らに代わってチームの中心になっていく。

 今は選手同士もよく理解しあっている。ここ数試合の間に、ピッチの上でのコミュニケーションがとてもうまくいってるんだ」

――あなた自身は、大会前の5試合で5得点ととても調子が良く……。

「(言葉を遮って)ああ、その通りだ。わかるだろう。悪い時期も、あまり焦らないようにしていたからね」

<後編はこちらから>

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
カリム・ベンゼマ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ