Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ベストFW・独占インタビュー> ズラタン・イブラヒモビッチ 「地球の反対側のジャパニーズへ」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTomoki Momozono

posted2014/04/17 11:50

<ベストFW・独占インタビュー> ズラタン・イブラヒモビッチ 「地球の反対側のジャパニーズへ」<Number Web> photograph by Tomoki Momozono
日本人選手が選ぶ現代最高のストライカー。
普段はインタビューを受けない男が自身のキャリア、
現代のフォワード論、そして日本について語り尽くす。

 パリから連絡が入ったのは、3月の終わりのある午後のことだった。

 パリ・サンジェルマンの広報部は、少し驚いたようなトーンでこう伝えてきた。

「イブラが話をしてくれるそうだ! すぐにパリに来てくれ」

 一枚のリストを鞄に忍ばせて、空港へ向かった。その紙には、世界中のストライカーたちの名前が書かれてある。一番上にあるのが、ズラタン・イブラヒモビッチの名前だ。

 Jリーガーら100人が選ぶ2013-2014シーズンのベストフォワードという本誌企画で、イブラヒモビッチが選ばれた。リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウド、ルイス・スアレスら各国の点取り屋を抑え、日本の選手たちはイブラヒモビッチを最高のフォワードと定義づけたのである。

 いま、日本で最も評価されるストライカーに聞いてみたかった。

 フォワードというポジションについて。ゴールについて。そして彼につきまとう、エゴイストというイメージについて――。

 パリ郊外はサンジェルマン・アン・レーにあるPSGの練習場、案内された小さな部屋で待っていると、ドアの奥から197センチの巨体がぬっと現れた。

 その肩に宿る独特の威圧感が、肉体的な大きさを助長している。これまでにピッチで対峙したディフェンダーたちは、あらゆる意味でその巨大さを実感してきたに違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4120文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

欧州最強の11人。~Best11 of the season~
ズラタン・イブラヒモビッチ
パリ・サンジェルマン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ