詳説日本野球研究BACK NUMBER

“プロ注”は少ないが熱戦多し。
選抜で気を吐く古豪・強豪校。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/03/27 11:30

“プロ注”は少ないが熱戦多し。選抜で気を吐く古豪・強豪校。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

3月24日、選抜第4日・1回戦の智弁和歌山対明徳義塾戦は、延長15回裏に暴投サヨナラという劇的な幕切れ。勝ち上がった明徳義塾は、29日に関東第一と2回戦を戦う予定だ。

中田翔以来と言えるレベルの強打者、岡本和真。

 注目選手が多かったのは野手のほうだ。とくに1人挙げるとしたら、三重戦で2本のホームランをかっ飛ばした智弁学園の内野手、岡本和真(3年)だろう。大会前から高校通算57本塁打が評判になっていたが、評判通りに結果を残すことがどれだけ至難の業か、私は40年以上の野球観戦を通して理解している。2本とも技巧派左腕の半速球で「あの球ならうちの選手でも打てる」と言った監督もいたが、それは虚勢だろう。

 確かに三重の左腕・今井重太朗のストレートはナチュラルにシュート回転し、甘く中に入ってくる危険な球だったが、それを確実に捉えてスタンドインさせるのは簡単なことではない。それを岡本は、1本目は捕手寄りで捉えてセンターバックスクリーンへ、2本目は中間のミートポイントでジャストミートし、レフト中段へぶち込んでしまった。右打者としては'06年夏に推定140mの大ホームランを放った中田翔(大阪桐蔭)以来の強打者と言っていいだろう。

 この岡本が1回戦の鎮西戦で5安打、12三振の完封劇を演じた大会ナンバーワン左腕、田嶋大樹(佐野日大・3年)と対戦する。田嶋がこの試合で計測したストレートの最速は145km。2回戦の最注目カードと言って間違いないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
高嶋仁
馬淵史郎
岡本和真
田嶋大樹
明徳義塾高校
駒大苫小牧高校
沖縄尚学高校
龍谷大平安高校
横浜高校
池田高校
智弁学園高校

高校野球の前後の記事

ページトップ