NumberEYESBACK NUMBER

蔦監督の遺産を胸に。
池田高校、22年ぶり聖地へ。
~選抜で響く「ニューやまびこ」~ 

text by

船曳陽子

船曳陽子Yoko Funabiki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/03/20 16:30

蔦監督の遺産を胸に。池田高校、22年ぶり聖地へ。~選抜で響く「ニューやまびこ」~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

蔦監督の碑の前で気勢を上げる岡田監督(前列右から2人目)とナイン。

 山あいの町の子供たちが、22年ぶりに大海に帰ってくる。徳島の池田高校が第86回選抜高校野球(3月21日~)に出場する。蔦文也監督が'01年にこの世を去ってから初の甲子園だ。

 チームを率いるのは蔦監督の教え子、岡田康志監督。'79年夏、甲子園準優勝時の主将で捕手、コーチとしても恩師の指導をつぶさに見てきた。'91年夏に勇退を表明した蔦監督が後を託した愛弟子だ。

 '80年代に3度の全国制覇を果たした池田の黄金時代。象徴は言うまでもなく超攻撃型のやまびこ打線だった。サインはほとんどなく、打って打って打ちまくった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

池田高校
岡田康志
蔦文也

高校野球の前後のコラム

ページトップ