JリーグPRESSBACK NUMBER

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。
田中隼磨、松田直樹の魂とともに。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMATSUMOTO YAMAGA F.C.

posted2014/03/14 10:50

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。田中隼磨、松田直樹の魂とともに。<Number Web> photograph by MATSUMOTO YAMAGA F.C.

松田直樹から引き継いだ3番を背負い、松本の地で走り続ける田中隼磨。盟友は、彼の新たな地での活躍をどう見ているのだろうか。

最初のオファー、そして「背番号3」の提示。

「正直、クビになるとは思ってもみませんでした。プロだから受け入れなきゃいけないけど、悔しいですよ。本当に悔しい……」

 その声は怒りと悲しみに満ちていた。

 戦力外になった田中が真っ先にオファーを受けたのが山雅であった。地元に対する愛着もあるが、運命を感じてもいた。「マツさんが愛したクラブ」であり、松田自身もマリノスでレギュラーを確保しながら契約非更新を告げられていた境遇もどことなく似ていた。クビを切られた松田の苦しみが、そのとき本当に理解できた気がしていた。

 山雅からオファーを受けた際、「背番号3」が提示された。心にズシリと響いた。

「3番の話を聞いたとき、それはちょっと重いなって感じたんですよね」

 考えた末に、田中は群馬にある松田の実家を訪ねることにした。山雅からオファーが来ていること、背番号3の提示を受けていることを松田の母と姉にそのまま伝えた。

 姉は、こう田中に言ったという。

「もし山雅に行くのならぜひ3番をつけてください。直樹も絶対に喜ぶに違いありませんから」

J1からの好条件のオファーもあった。

 その一言をもらい、覚悟が決まった。3番をつけて、松本山雅でプレーすることを。

 松田の家族に礼を述べ、山雅側のオファーを受諾した。

 J1のクラブから好条件のオファーもあった。しかし、気持ちが揺らぐことはなかったという。

「不思議なんだけど、自分が山雅でプレーしているイメージしかわかなかった。お金とかじゃなくて、やっぱり僕の地元だし、あれだけ熱いサポーターのなかで試合がやれたら嬉しいし、マツさんがいたクラブだし……。でもそればかりじゃないですよ。反町監督という存在も僕のなかでは大きくて、ポテンシャルを感じるチームというのも凄くありましたからね」

【次ページ】 横浜時代、ピッチの上で怒鳴りあった松田と田中。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中隼磨
松田直樹
松本山雅FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ