JリーグPRESSBACK NUMBER

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。
田中隼磨、松田直樹の魂とともに。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byMATSUMOTO YAMAGA F.C.

posted2014/03/14 10:50

松本山雅の「3番」を受け継いだ男。田中隼磨、松田直樹の魂とともに。<Number Web> photograph by MATSUMOTO YAMAGA F.C.

松田直樹から引き継いだ3番を背負い、松本の地で走り続ける田中隼磨。盟友は、彼の新たな地での活躍をどう見ているのだろうか。

昇格を決め、松田が眠る墓に報告をする日まで。

 あれから2年半。天国にいる松田直樹も、まさか自分のいたチームで田中が背番号3をつけてプレーするとは思わなかっただろう。

 山雅がJFLにいた時代に移籍してきた松田は、事あるごとに言っていた。「俺の目標はJ2に上がることじゃない。J1に上がって、マリノスに勝つこと」だと。

 J1昇格は山雅の悲願であり、そして松田が果たせなかった目標でもある。

 田中はJ1昇格を「自分の使命」と語った。

「マツさんはJ1でマリノスに勝ちたいって言ってたけど、僕もJ1に上がってグランパスを倒したいっていうのがありますからね。反町監督についていって、昇格を成し遂げたい。個人的にはマツさんと一緒に戦って、一緒にJ1に上がるつもりなんです」

 松田の実家を訪れた際、松田が眠る墓には敢えて立ち寄らなかったという。

 その理由を聞くと、彼は静かにこう言った。

「僕、心に決めてるんですよ。昇格を決めて、いい報告をするって。マツさんも『それまでは来るな』って思っているはずだから」

 山雅の背番号3。

 そこには男と男の、熱くて太い絆がこめられている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

田中隼磨
松田直樹
松本山雅FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ