スポーツ仕事人BACK NUMBER

森川浩次(Jリーグのレフェリー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph byphotographs by Satoshi Ashibe

posted2014/03/20 06:00

森川浩次(Jリーグのレフェリー)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Satoshi Ashibe

森川浩次さん。

 選手と共にピッチを駆け回り、試合の秩序を支配する。若き“兼業公務員”が明かすレフェリーの実態とは?

 MLBは今季からビデオ判定の適用範囲を、ほぼすべてのプレーに拡大することになった。否定的な立場をとってきたFIFAもビデオ判定の導入を議論の俎上に乗せようとしている。さまざまな競技でレフェリーの絶対的権威が揺らいでいるが、審判員だってにんげんだもの。ミスもするだろう。それにもかかわらず完璧さが要求され、些細な過ちを糾弾される。脚光を浴びることの少ない地味な仕事だが、責任はやたらに大きい。


 26歳の森川浩次さんはJリーグ担当の最年少審判員で、'12年から主にJ2の主審を務めている。しかも、公立中学校の保健体育の教員との二足のわらじである。レフェリーと教師。どちらも重責だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1310文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Jリーグの前後のコラム

ページトップ