スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

テレビならではの五輪の楽しみ方。
「言葉力」で選ぶ、解説のMVPは誰だ。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph bySunao Noto/JMPA

posted2014/02/17 11:40

テレビならではの五輪の楽しみ方。「言葉力」で選ぶ、解説のMVPは誰だ。<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

現地での観戦が持つ臨場感は特別なものがあるが、テレビで、解説や実況を聞きながらスポーツを観る、というのもまた別の意味で特別な体験になりうるのだ。

日本では馴染みの少ない競技を、解説で魅力的に。

 解説も的確、女子のスーパー大回転のときはスタート部分の急斜面が終わり、緩斜面に入ってからは気温で雪が緩んでいて、選手たちはこの部分の攻略に難渋していた。

 この部分の雪を川端は、

「もう、春の雪ですね!」

 と表現した。

 素晴らしい言葉だった。

 季節感をダイレクトに表現しただけでなく、そのひと言で、スーパー大回転のコースの難しさを端的に表していた。

 そして選手たちは、冬と春、ふたつの季節の雪の攻略に挑んでいることが分かったのだ。

 フィギュアやジャンプといった花形競技が楽しいのはもちろんのこと、日本では報道量が少ない競技に触れられるのも冬季オリンピックの魅力のひとつ。

 今回、皆川、川端の両氏の解説は、まさにMVP級の活躍といっていいだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
川端絵美
皆川賢太郎
ソチ五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ