SCORE CARDBACK NUMBER

平尾GMが指摘する、
神戸製鋼に足りないもの。
~トップリーグ王座奪回ならず~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2014/02/16 08:10

平尾GMが指摘する、神戸製鋼に足りないもの。~トップリーグ王座奪回ならず~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

敗戦後、円陣を組む神鋼。一時同点トライのジャック・フーリー(中央)も肩を落とした。

 トップリーグ得点王ニコラス・ライアンの蹴ったボールが力なくインゴールに落ちたとき、神戸製鋼ファンは奇跡を期待しただろう。

 2月2日のトップリーグ・プレーオフ準決勝はすでにホーンが鳴っていた。3連覇を目指すサントリーのリードは3点。スクラムでPKを奪い取り、時間をかけて蹴ったニコラスのPGがまさかの失敗。神戸製鋼は、自陣インゴールから相手ゴールラインまでボールを運べば逆転だ。可能性が低いのは先刻承知、ありえないPG失敗でもらったチャンスだ、ありえないアタックだって成功するはずだ――。

 だが奇跡は起きなかった。逆に猛然とプレッシャーに来たサントリーのFLジョージ・スミスの圧力に耐えきれず、インゴールでこぼれた球にサントリーの新人PR石原慎太郎が飛び込んだ。19-27の敗戦。トップリーグが発足した'03年度に初代王座を獲得して以来、見放されている王座の奪回は今回も叶わなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<フットボールに未来はあるか>レジェンド11人の欧州蹴球論。

関連記事

ニコラス・ライアン
神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ジョージ・スミス
サントリーサンゴリアス
平尾誠二

ラグビーの前後の記事

ページトップ