Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<脳梗塞から復帰した指揮官の決意> エディ・ジョーンズ 「ジャパンの道を信じる勇気があるか」 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2014/01/24 06:10

<脳梗塞から復帰した指揮官の決意> エディ・ジョーンズ 「ジャパンの道を信じる勇気があるか」<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa
突然の病から3カ月。待ちに待ったカムバックだ。オールブラックス戦、
欧州遠征――ジャパンの秋の戦いを、復帰間もない指揮官が総括する。

 帰ってきた指揮官は早口で、2013年の戦いを振り返った。

「ニュージーランド(NZ)やスコットランドと戦うことは、我々にとって、階段を1段飛ばしで跳び上がるようなものでした。少しでも足を踏み外せば落っこちてしまう」

 脳梗塞からの復帰会見から1カ月弱の某日。日本代表のエディ・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)は、以前と変わらない元気な足取りでインタビュー室に現れると、いつものようにいきなり熱い言葉を吐き出した。

「それでもNZには30分間、スコットランドには50分間、対等に戦うことができた。ジャパンが進歩するためには、こういうハイレベルの相手と戦い続けていかなければならない」

 6月には来日したウェールズ代表との第2戦に23-8で勝利。世界の強豪国から歴史的なテストマッチ初勝利をあげた日本代表だったが、ショッキングなニュースが待っていた。10月15日に、エディHCが「軽度の脳梗塞」で入院。11月2日のNZ来日戦から始まる秋のテストマッチシリーズは、指揮権をスコット・ワイズマンテル代行に託した。

 NZには6-54で大敗したが、前半25分までは6-7と拮抗。スクラムで相手ボールを奪う場面もあった。翌日には欧州へ飛び、'15年W杯で対戦するスコットランドと対戦。17-42で敗れたが、後半14分まで2度にわたって1点差に肉薄。敵地の観衆を沈黙させた。ティア1と呼ばれる世界の強豪と年間4戦もしたのは日本ラグビー史上初めてのことだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4174文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界一を獲る!~頂点を極めるための方法論~
福岡堅樹
藤田慶和
梶村祐介
堀江恭佑
大野均
菊谷崇
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ