NumberEYESBACK NUMBER

'14年全豪から加速する、
新旧世代交代の行方。
~錦織らが狙う“BIG4越え”~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/12/26 06:00

'14年全豪から加速する、新旧世代交代の行方。~錦織らが狙う“BIG4越え”~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2013年ウィンブルドンではジョコビッチと死闘を演じたデルポトロ。

 ここ数年、ツアーの「明日」を語る議論がどうにも盛り上がらなかった。男子はラファエル・ナダル、ノバク・ジョコビッチらBIG4が、女子は「1強」のセリーナ・ウィリアムズが君臨。頭を押さえつけられ、逸材とされる若手が芽を出せずにいたからだ。

 一方で、35歳のトミー・ハースが2大会に優勝するなど2013年の男子はベテランの頑張りが目立った。年間65大会のうち、21歳以下の優勝はわずか1大会、逆に30代選手の優勝が16回もあった。なぜベテランが強いのか。ナダルは専門誌『スマッシュ』に載ったインタビューで「テニスは円熟と経験がものを言う」と話し、それに加えて最新のスポーツ科学が体力面でベテランを「手助け」するとしている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ラファエル・ナダル
ノバク・ジョコビッチ
セリーナ・ウィリアムズ
トミー・ハース
バーナード・トミック
グリゴル・ディミトロフ
ミロシュ・ラオニッチ
フアンマルティン・デルポトロ
錦織圭
スローン・スティーブンス

テニスの前後のコラム

ページトップ