SCORE CARDBACK NUMBER

10代の未熟さから脱皮し、
西岡良仁が全日本で快挙。
~錦織圭の後輩、価値ある準優勝~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/12/03 06:00

10代の未熟さから脱皮し、西岡良仁が全日本で快挙。~錦織圭の後輩、価値ある準優勝~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

初めての全日本でノーシードから歴代優勝者・杉田、守屋の2人を倒し快進撃を見せた西岡。

 全日本選手権で18歳の西岡良仁が格上選手を連破、準優勝と健闘した。準々決勝でデビスカップ代表の杉田祐一にストレート勝ち。準決勝では昨年の全米本戦に出場した守屋宏紀を破った。決勝で第3シードの伊藤竜馬に敗れたが、10代男子の決勝進出は1989年に優勝した谷澤英彦以来24年ぶりの快挙だった。

 西岡は中学3年の夏から盛田正明テニスファンドの後押しで米国のIMGアカデミーに留学。昨年の全米ジュニアで4強に入り、この2月にはメキシコの下部ツアー大会を制した。来年1月のプロ転向も決まり、「米国でやっている分、日本でスポンサーを集めるのは大変。名を売りたい」と全日本に参戦。もくろみ通り、堂々と将来性をアピールした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 610文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯出場32カ国を格付する。~WORLD CUP BRAZIL 2014~

関連記事

西岡良仁

テニスの前後の記事

ページトップ