SCORE CARDBACK NUMBER

猛練習で特性磨いた高橋悠介。極限の速さで打倒ズベレフ。~大きい選手よりも速く、機微に~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2017/11/20 07:00

猛練習で特性磨いた高橋悠介。極限の速さで打倒ズベレフ。~大きい選手よりも速く、機微に~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

決勝戦で江原弘泰を下した高橋悠介が全日本を初制覇。速くて早い、観て楽しいテニスは大きな可能性を秘める。

 10月の全日本テニス選手権でプロ2年目の高橋悠介が優勝した。大会直前に20歳になったばかり。昨年、18歳で王者になった綿貫陽介に続く若手の優勝で、世界への登竜門としての大会の存在価値がより明確になった。

 本命からの優勝と言っていいだろう。今年は下部ツアーで3大会に優勝、楽天ジャパンオープンでは予選を突破し、初めて本戦に出場した。驚くような戦績ではないが、プレーの進化が著しい。動きが速く、俊足を生かして拾うだけでなく、攻められても返球が甘くならない。優位に立てば、クロスにダウンザラインに、いずれもサイドライン近くに厳しいボールを打てる。同年代のアレクサンダー・ズベレフと同じように、動きの速さと攻めの早さ、厳しさを持っている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本シリーズ激闘の果て。

Sports Graphic Number 939

日本シリーズ激闘の果て。

 

高橋悠介
アレクサンダー・ズベレフ

テニスの前後の記事

ページトップ