Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<独占インタビュー> 井端弘和 「いざ、巨人軍へ」 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byTatsuki Masaru

posted2013/12/20 06:00

<独占インタビュー> 井端弘和 「いざ、巨人軍へ」<Number Web> photograph by Tatsuki Masaru
真骨頂たる右打ちで日本中を熱狂させたWBCでの大活躍から一転、
不調のシーズンの果てに、16年間を過ごした愛着あるチームと決別。
新天地での再起を期す男が、秘めた決意を静かに語りはじめた――。

 屈辱だったことは想像に難くない。

 中日一筋に16年。荒木雅博との“アライバ”コンビとして、強い中日の象徴的な存在だった井端弘和は、このオフに就任した落合博満GMによって、実質的に切られた。

 年俸2億5000万円から88%減の3000万円への減俸提示。かつては師弟関係とも言われていた元監督の示した条件は、井端に「やめろ」と言っているのも同じだった。

 提示を受けたときは、相当ショックだったのでは?

 インタビューで改めてこのときの気持ちを問うと、井端は静かに首を振った。

「いや、そんなでもないですよ」

 時が経ったせいもあるのかもしれないが、かつてのボスの仕打ちを、今は淡々と受けとめている。

「契約社会なので、ホントに昔からチームが自分を必要とするか、しないかだと思っていましたから。それに落合さんには監督時代から常々、言われていたことだったので……。だから覚悟はできていましたし、あまりショックでもない。そういう時期が来たなっていうぐらいの感覚でした」

 提示を受けて自分の置かれている立場はすぐに理解できた。だから中日を去る決意をするのに、それほど時間はかからなかったという。

 禍福は糾あざなえる縄の如し――2013年は、井端にとってまさにそんな言葉が当てはまるシーズンだったかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3859文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

井端弘和
読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ
落合博満

プロ野球の前後の記事

ページトップ