SCORE CARDBACK NUMBER

いぶし銀・梵が牽引する、
鯉のクライマックス。
~赤ヘルの切り込み隊長、復活へ~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/10/08 06:00

いぶし銀・梵が牽引する、鯉のクライマックス。~赤ヘルの切り込み隊長、復活へ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2006年に新人王を獲得するも、以降は年度ごとに好不調の波が大きい梵。完全復活となるか。

 三村敏之監督で3位になった'97年を最後に、15年間もBクラスに低迷していた広島が、クライマックスシリーズ(CS)出場を決めた。

「何しろ初めてなので、どういう気持ちで臨んだらいいか、緊張するだろうな」と、このところ1番に定着している丸佳浩が言えば、2番の菊池涼介は、「自分たちの力を見せつけるチャンス」と前向きに捉えている。

「勢いは5月の鯉のぼりまで」と言われたチームが、今季は夏場に踏ん張りを見せた。8月を14勝12敗1分で乗り切ると、9月は15勝7敗1分の驚異的な快進撃で3位の座を確保。最大14もあった借金を3まで減らすことができたのは、安定した投手陣の陰で打線が固定されてきたからだ。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

広島東洋カープ
梵英心
菊池涼介
丸佳浩
野村謙二郎
安部友裕

プロ野球の前後のコラム

ページトップ