野ボール横丁BACK NUMBER

夏連覇の名将に似た匂いを持つ31歳。
延岡・重本監督の“入り込む”資質。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2013/08/24 08:01

夏連覇の名将に似た匂いを持つ31歳。延岡・重本監督の“入り込む”資質。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

決勝を終え、晴れ晴れとした表情で甲子園を去る延岡学園・重本監督。まだ31歳、また甲子園でド派手なガッツポーズを見せてほしい。

 この夏、もっとも記憶に残った監督。それは、決勝に残ったということも当然あるのだが、やはり優勝監督である前橋育英の荒井直樹と、準優勝監督の延岡学園の重本浩司だった。

 荒井が「平熱」の人だとすれば、重本は「高熱」の人だった。

 過去、ベンチ前であそこまでオーバーアクションな指揮官はいなかったのではないか。味方が得点を挙げると、両腕を突き上げ、それを思い切り引く。それを何度も繰り返す。あるときは、右腕を突き上げながらジャンプし半回転。その間、叫ぶ、叫ぶ。

「興奮しているんで、何を言っているかわかりません」

 また、ピンチを背負うと拝むように頭上で手を組んだ。

 落胆するときも遠慮なかった。重本はストライクに関しては「オールヒッティング方式」を掲げていた。

「甲子園レベルだと、追い込まれたら、そう簡単には打てないので」

 そのため打者がストライクを簡単に見逃すと、天を見上げ、頭を戻しながら「行けって!」とどやしつけた。

 だが、不思議と選手が萎縮している様子はまったくなかった。

「年間360日は選手と一緒にいます」

 監督が「あいつら、俺のことなめてますから」とうそぶけば、選手も「怒ってるときは流してます」とどこ吹く風なのだ。

 重本はベンチ前で選手たちによくこう声をかけた。

「俺は今、最高に楽しんでる! だから、おまえらも楽しめ!」

 最近、重本が会った指導者の中でもっとも刺激を受けたのは、'04年、'05年と駒大苫小牧を連覇に導いた元監督、香田誉士史だという。香田は現在、福岡の西部ガスでコーチを務めている。

 重本が西部ガスのグラウンドに香田を訪ねたときのことを思い出す。

「練習しているときの『目ヂカラ』が違った。ものすごい入り込んでるんですよ。やっぱり違うなと思いましたね」

 重本がそこに感応したのは、重本自身の中にもその資質があるからだ。ヘッドスライディングを教えるために自ら手本を示す。大会で大敗したら丸刈りにする。昨年2月に結婚したばかりだというのに週5日は寮に泊まり込み、自主練習が終わる10時半までグラウンドから離れない。

「年間360日は選手と一緒にいます。選手と一緒にいる時間の長さなら、他の監督に負けないと思いますよ」

【次ページ】 重本は取材でも滅多に選手を誉めない。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

重本浩司
荒井直樹
香田誉士史
前橋育英高校
延岡学園高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ