Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<長谷部、大久保、内田を抜擢した猛将> フェリックス・マガト 「私が日本人を好む理由」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2010/11/10 06:00

<長谷部、大久保、内田を抜擢した猛将> フェリックス・マガト 「私が日本人を好む理由」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

統率された組織を作るには、日本人の「3要素」が不可欠。

 マガトは鬼軍曹のイメージが強いが、実は戦術のディテールにこだわる理論家だ。口癖は「サッカーはチェスだ」。4-3-1-2を理想のシステムとし、ピッチの11人に明確な役割を与える。たとえば、ヴォルフスブルク時代、右MFの長谷部には「守備のときに中央に絞りすぎず、相手のサイドアタックを潰せ」という指示が与えられていた。

 攻撃ではロングボールを多用してガンガン前に進み、ボールを奪われたら全員が自陣に戻る。DFラインの上げ下げが激しく、誰一人としてサボることは許されない。

 蜂のように相手を取り囲み、号令ひとつで一気に敵陣に襲い掛かる。そういう統率された組織を作るうえで、日本人の「3要素」は欠かせないのだ。

 マガトは言う。

「私が要求する戦術と、日本人選手のメンタリティは非常に相性がいい。日本人選手はとても勤勉で、こちらがブレーキをかけなきゃいけないくらいだからね。アツトはチームが与えた休暇を早く切り上げて、ドイツにやって来た。こういう選手がチームにいるのは、本当に嬉しいことだ」

大久保のアウトサイドパスを叱責した理由。

 もちろんすべての面を、手放しで肯定しているわけではない。マガトは日本人選手が派手なプレーを好む傾向があると感じており、それを修正させようとしている。

 ヴォルフスブルク時代、大久保が左足のアウトサイドを使ってパスを出したとき、マガトは声を張り上げた。

「なぜ、左足のインサイドできちんと蹴らないんだ。サッカーはサーカスではない。不正確なプレーはするな!」

 オーバーヘッド、ヒールパス、アウトサイドのパス。こういう一か八かのプレーをする前に、もっと確実な選択肢がなかったかを考えろということだ。マガトからすれば、自分の美技をひけらかすだけの、自己満足に見えてしまう。

 その一方で、一般的に日本人の弱点と言われるフィジカルを、マガトはまったく問題視していない。内田の線の細さも、必ず改善できると確信している。

「確かにアツトの体にはまだ強さがない。だが、きちんと筋力トレーニングを継続すれば、必ず守備力はアップする。そのための個人メニューも与えた。また、私はJリーグを評価しており、そこで100試合以上出場したという実績を信頼している。彼にはクオリティーの高い攻撃力があり、我慢して練習に取り組めば、必ず私たちの4バックを進化させてくれるはずだ」

【次ページ】 マガトが長谷部を評した言葉とは?

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フェリックス・マガト
長谷部誠
大久保嘉人
内田篤人

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ