プロ野球PRESSBACK NUMBER

2度のトレードを経て西武入りの32歳。
ジャーニーマン・渡辺直人の“愛着”。 

text by

加藤弘士

加藤弘士Hiroshi Kato

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/08/06 12:10

2度のトレードを経て西武入りの32歳。ジャーニーマン・渡辺直人の“愛着”。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

渡辺直人は、古巣のファンからの声援に手を上げて応えた。彼の野球を巡る冒険は、まだまだ終わることなく続いていく。

「今、楽しくてしょうがない」

 Kスタでの劇的なデビュー戦の翌日、7月13日から直人はライオンズの2番に定着した。7月の月間打率は2割8分2厘。中でも新たな本拠地・西武ドームでは3割6分8厘と存在感を見せている。「外様」の意識なんて、毛頭ない。投手がピンチに陥ると真っ先にマウンドに向かい、声を掛ける。

「それはね、勝ちたいからですよ。僕はね、野球がやりたかった。野球に飢えていたんです。だから今、失敗ももちろんあるし、思うような結果が出ないこともあるけど、『悔しい』と思う気持ちが、また楽しい。今、楽しくてしょうがない。一軍の緊張感のある舞台で、もう一度勝負できる。レギュラーをとるための競争がチーム内にある。その競争に加われるのが、本当に嬉しいんです」

 仙台で、横浜で、そして横須賀で。無数の汗と涙が染み込んできたグラブには、所沢の地で新たな思い出が刻まれていくことだろう。魂を燃やすひとときを求めて、渡辺直人の「旅」はこれからも続いていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4
渡辺直人
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜DeNAベイスターズ
長田秀一郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ