欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ネイマール&メッシの初共演は合格!?
今季バルサが復活する3つの理由。  

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/08/05 11:40

ネイマール&メッシの初共演は合格!?今季バルサが復活する3つの理由。 <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

「メッシとの関係は最高だよ。毎日メッシと会話してるよ!」と順調にチームへ馴染んでいる様子を語っているネイマール。「扁桃腺の摘出手術で体重が落ちてしまったけど、少しずつコンディションも良くなっている」とコメントした。

マルティーノ監督が目指す、バルサらしさからの脱却。

 バルサは時としてパスを繋ぎすぎるきらいがある。これはもう選手たちに染み込んだもので、バルサイズムでもあるのだが、パスを横へ繋ぎ、また横へと戻し……という場面は何度も見られた。当然ポゼッションは上がるのだが、それが攻撃のスピードを落とし、相手DFにブロックを作る時間を与えることにもなっていた。

 マルティーノ監督が改善したいのはまさにこの点だろう。指揮官は「その意味でアレクシスとメッシは縦を狙って上手く抜け出すことのできる選手たちだ」と、彼らの縦を意識したプレーを賞賛している。

 ボール奪取後に縦へ速い攻撃を展開するというのは、これまでのバルサらしさからの脱却にも繋がる。マルティーノ監督は「MFの前線への飛び込みも加えたい」とも話すように、繋ぎとポゼッションのサッカーに、ダイナミズムやスピードを加えたいと考えているようだ。

今シーズンの鍵を握るのはアレクシスか。

 前線からのプレス、そして縦に速いプレーに適応可能という意味でまず浮かんでくるのはアレクシスだ。昨季は批判されることが多く、放出候補にもあげられていたアレクシス。ネイマールの陰に隠れがちだが、意外にも今季の鍵を握る選手となる可能性もある。

 リーガ開幕まであと2週間。これからも実験は行なわれ、マルティーノ色はより鮮明になっていくだろう。今季はこれまでとはひと味違う、新たなバルサが見られるのは間違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
バルセロナ
ネイマール
サントスFC
ヘラルド・マルティーノ
リオネル・メッシ
アレクシス・サンチェス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ