野球クロスロードBACK NUMBER

中継は無くても見どころは満載!
日本S、中日&ロッテのキーマンは? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki/Tamon Matsuzono

posted2010/10/29 12:45

中継は無くても見どころは満載!日本S、中日&ロッテのキーマンは?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/Tamon Matsuzono

 中日とロッテの対戦となった日本シリーズ。やはり中日優勢との声が多いようだ。

 それはなぜか? ペナントレースを1位で通過し、クライマックスシリーズ(以下CS)でも4勝1敗と巨人を圧倒したことが大きな理由として挙げられるが、一番は「分かりやすいゲーム」をするところにある。

 1番の荒木雅博が出塁すれば2番がすかさずバントで送る。得点圏に走者を進め、森野将彦、和田一浩、ブランコのクリーンナップで1点を取る。

 大量得点は望まない。2、3点は必ず取る。それが攻撃のスタイルだ。

 チーム打率、得点ともにリーグ5位と得点力は低い。それでも勝てるのは堅牢な投手陣あってこそ。5、6回までリードしていれば、終盤は高橋聡文、浅尾拓也、岩瀬仁紀の盤石のリレーで逃げ切る。

 どこまでもセオリーに忠実な自らのスタイルを崩さない。このような戦いを貫き、中日はリーグ制覇を成し遂げた。

 ロッテは対照的に、勢いで勝ち上がってきたチームだ。

史上初、3位から日本Sに進出したロッテの勢いは侮れない。

 シーズン最終戦でCS進出を決め、ファーストステージで西武に連勝。ソフトバンクとのファイナルステージでは1勝3敗と絶体絶命の窮地から3連勝。史上初となる3位チームの日本シリーズ進出を決めた。

 選手起用も、好不調にかかわらず主力で陣容を固める中日とは逆を行く。

 シーズンで4番を務めることが多かった金泰均をCSでは7番に下げ、4番にサブロー、5番には打撃好調の今江敏晃を据えた。投手陣では、終盤から内竜也を中継ぎで多用するなど、上り調子の選手を積極的に投入している。

 そうすると、このシリーズは「地力の中日」対「勢いのロッテ」という図式になるだろうか。

 優位に立つ中日が勝つための条件としては、やはり1番の荒木の出塁がカギとなる。8月まで3位だったチームが9月に入り急激に勝ち星を重ねることができたのは、荒木が多く出塁したからだった。

 ただ、その荒木以上に重要となってくるのは、実は6番だ。

【次ページ】 中日の唯一の弱点「6番」も井端の復帰があれば……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ
荒木雅博
井端弘和
渡辺俊介
唐川侑己

プロ野球の前後のコラム

ページトップ