SCORE CARDBACK NUMBER

「若手には負けられない」
金子誠の渋い輝き。
~猛追日本ハムの原動力~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/08/11 06:00

「若手には負けられない」 金子誠の渋い輝き。~猛追日本ハムの原動力~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

プロ入り16年目の昨シーズン、自身初の打率3割と、'97年以来の2桁本塁打をマークした

 日本ハムのイブシ銀・金子誠の存在感が如実に出たのは、昨年の巨人との日本シリーズである。金子の欠場によりチームの勢いが衰え、日ハムは敗れたのだ。「やっぱり、いるべき人がいないと落ち着かない」と二遊間を組む田中賢介も敗因の一つにあげていた。

 今年も、開幕早々に左脇腹を痛め登録を抹消されるとチームも失速。復帰した時には、首位から10.5ゲーム差のダントツの最下位に沈んでいたのだ。

 しかし金子の復帰で勢いを取り戻した日ハムは、最大14もあった借金をたった3カ月で返済。「地味だけれど存在感があるねェ」と福良淳一ヘッドコーチも目を細め、ダルビッシュ有も「打たれたと思って、後ろを振り向くと金子さんがちゃんと捕って併殺にしてくれるので、リズムに乗っていける」と話してくれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 576文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

金子誠
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ