野ボール横丁BACK NUMBER

勇気ある挑戦なくして球界の発展なし。
大谷と日本ハムが追いかける「夢」。  

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/04/22 12:50

勇気ある挑戦なくして球界の発展なし。大谷と日本ハムが追いかける「夢」。 <Number Web> photograph by Naoya Sanuki

大谷は、4月13日の試合で守備の際に右足首を捻挫し、現在、鎌ケ谷でリハビリ中。一軍での先発デビューを目指して準備を進めている。

大谷の挑戦を中途半端だと揶揄する声があるが……。

 大谷の二刀流挑戦を「どちらも中途半端になる」と心配する向きもある。だからだろう、ともすれば、その挑戦自体も中途半端だと揶揄する声が聞こえてくる。しかし、やっていること自体はそれとはまったく正反対だ。

『八重の桜』の中で、象山に傾倒していた八重の兄、会津藩士の山本覚馬がこう言うシーンがある。

「断固としてこどを行う時、人は皆狂気だ」

 大谷も同じ心境ではないか。それぐらいの覚悟がなければできることではない。そして「狂気」の前で、正しいか正しくないかを論じることほど無意味なこともない。

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
北海道日本ハムファイターズ
山田正雄

プロ野球の前後の記事

ページトップ