詳説日本野球研究BACK NUMBER

菅野、藤浪、大谷と絢爛豪華な面々。
'13年シーズンの新人王レース大予想。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/18 10:30

菅野、藤浪、大谷と絢爛豪華な面々。'13年シーズンの新人王レース大予想。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

巨人の菅野は4月13日のヤクルト戦において、多彩な球種を使った安定感ある投球を見せ、8回を3安打1失点に抑えて2勝目を挙げた。

上位を狙う楽天のセットアッパー、高堀和也は伏兵か。

 投手の候補は先発組が則本、西野の2人なのに対して、リリーフ組は鍵谷、高堀、松永、佐藤と4人を数える。最初に書いたように、分業制の浸透でリリーフ投手の需要が高まっている球界の事情がよく反映されている。

 この6人の中で誰がシーズン最後まで生き残るのか――チーム成績までひっくるめて考えると楽天勢の則本、高堀が成績を挙げていくと思う。

 私がとくに推すのが高堀だ。三菱自動車岡崎時代はストレートこそ速いが、ヒジが使えないアーム式の投球フォームに難があり、ストレートが低めに集まらないきらいがあった。現在も高めに浮くところは変らないが、アーム式はすっかり影をひそめ、むしろ使いすぎるくらい使えている。

 打者を勢いで圧倒できるストレートと抜群の落差を誇るフォークボールを武器に、今季は勝ちゲームないしは接戦の場面での登板が多く、チームの上位争いに貢献している。セットアッパーから抑えに昇格すればそれなりの成績がついてくるので、新人王争いの伏兵と言っていいかもしれない。

 以上、セ・パ両リーグの新人王候補を紹介したが、絢爛豪華とはこのことかと思う。ここには大学球界で天下を取った東浜巨(投手・ソフトバンク)の名前さえないのである。それでも大谷、菅野、藤浪が期待通りのスタートを切って、春のキャンプから引き続いてマスコミの注目を集めている。

 今年の新人王候補はこれからのプロ野球を牽引する世代になるかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
菅野智之
藤浪晋太郎
小川泰弘
三嶋一輝
小熊凌祐
平井諒
大谷翔平
金子侑司
鍵谷陽平
則本昂大
高堀和也
松永昂大
西野勇士
佐藤達也

プロ野球の前後の記事

ページトップ