サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

今こそC大阪以来の課題を克服する!
清武弘嗣の強い危機感とゴール宣言。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/04/05 10:31

今こそC大阪以来の課題を克服する!清武弘嗣の強い危機感とゴール宣言。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

ヨルダン戦、清武は自身のゴールこそ無かったものの、香川のゴールのアシストに加え、内田のPK獲得につながるパスを出すなど、決定機を何度も演出した。

「代表の危機感、すごいありますよ」

 ブラジルW杯最終予選、ヨルダン戦が終わった後、清武弘嗣は真顔で、そう言った。

 ヨルダン戦は、1-2で敗れはしたものの清武自身のプレーは、特に悪いようには見えなかった。

 前半は左サイドで酒井高徳ともに攻撃を活性化し、後半、右サイドに移ってからは攻撃のリズムを作り、内田篤人と絡んでチャンスを演出した。

 後半24分には、得意のアウトサイドのパスで、香川真司のゴールをアシスト。さらに2分後、ペナルティエリア内で倒され、PKを獲得した内田へのパスはボールの強さ、角度、タイミングともに素晴らしいものだった。

 後味の悪い敗戦だったが、清武の活躍は、次に繋がる大きなプラス要素だった。だが、清武自身は、不満気な表情を見せたのである。

「試合は、左サイドでは(酒井)高徳とうまくやれたし、右サイドに移ってからはウッチーさん(内田篤人)と攻撃の部分は作れたと思う。でも、点取れてないじゃないですか。最近、代表ではゴール決めてないし、それってけっこうヤバいって思うんですよ。それに今回、最初から出れたのは圭佑(本田)クンがいないからでしょ。いたら最初から出れたかどうか分からない。たぶん無理やろなぁって思うんでね。とにかく、このままじゃ代表、外れるかもしれん。そういう危機感、メッチャあります」

「真司くんって、なんだかんだゴール決めるじゃないですか」

 清武の代表デビューは、非常に華々しかった。2011年8月10日、日韓戦で岡崎慎司に代わって途中出場すると、最初に本田、つづいて香川のゴールをアシストするなど、いきなり2アシストを決めた。

「初めての代表の試合であれだけ落ち着いてプレーできるのはすごい」と香川に絶賛され、自らの存在感を示した。つづく、ブラジルW杯3次予選の北朝鮮戦でも吉田麻也の決勝ゴールのアシストを決め、これでザッケローニ監督の信頼を勝ち得た。それ以来、代表に定着したが、ゴールは、昨年11月、ブラジルW杯最終予選のオマーン戦の1点のみだ。

「物足りないっすよね。(香川)真司くんって、なんだかんだ言ってもゴール決めるじゃないですか。ヨルダン戦もトップ下でいろいろ言われたけど、やっぱりゴールを決めるってことはすごいことなんですよ。自分も何回か、シュートを打てるシーンがあったのに打たんかった。あーなんで打たなかったんやろって、あとでメッチャ後悔した」

【次ページ】 セレッソ時代、クルピ監督から言われていた課題。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

香川真司
清武弘嗣
アルベルト・ザッケローニ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ