南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

スペインの「エレガント」が頂点に!!
誤審とファウルにまみれた決勝戦。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/12 12:40

スペインの「エレガント」が頂点に!!誤審とファウルにまみれた決勝戦。<Number Web> photograph by Getty Images

 本来ならば、「美しいサッカーをした国」が優勝したということだけが、語り継がれるW杯になるはずだった。しかし、今大会は決勝にいたるまでに、あまりにも印象的で、重大なレフェリーの判定ミスがあった。

「誤審の大会」

 今大会をのちに振り返ったとき、必ずそう揶揄する人が出てくるだろう。とりわけオランダ国内において。

 そのシーンは、延長戦の後半10分に訪れた。

貴重なCKを誤審で失った直後にリズムを失ったオランダ。

 オランダはエリアのドリブル突破により、ゴール前でFKを得た。残り時間を考えると、最後のチャンスになるかもしれない。スナイデルは相手の壁が他の選手に注意をとられている隙に、素早く右足を振りぬいた。

 その機転が裏目に出た。

 FKは壁の左端にいた選手に当たり、そのままゴールラインを割った。本来ならCKだ。だが、イングランド人のウェッブ主審はそれを見逃したのか、スペインのゴールキックと判定したのである。

 当然、キッカーのスナイデルも、近くにいたファンボメルも、猛然と抗議した。優れたキッカーがそろうオランダにとって、CKは大きな得点源だ。準々決勝のブラジル戦の決勝点もCKからだった。オランダの選手たちは、判定が覆るはずもないのに、抗議を続けてしまった。

 その直後の流れから、スペインの決勝点が生まれた。

試合終了直後、審判への抗議で騒然となったスタジアム。

 ボールはスペインの左サイドへとつながれ、トーレスが右足でクロスを上げる。これはDFにクリアされたが、こぼれ球をセスクが拾い、DFラインへふわりと浮いたパスを出した。走り込んだイニエスタに残されていた仕事は、右足でボールをミートすることだけだった。

 延長後半11分のゴール。これで勝負あった。スペインが1対0でオランダを下し、初のワールドカップ優勝を成し遂げた。

 怒りが収まらないのは、オランダの選手たちだった。

 試合終了のホイッスルと同時に、ファンボメルとマタイセンがウェッブ主審のもとに駆け寄る。見かねたファンマルバイク監督が止めに入った。だが、今度は退場になったハイティンガが、突っかかっていった。

【次ページ】 パスサッカーへの対策は、ドイツばりのラフプレー。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ