南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

スペインの「エレガント」が頂点に!!
誤審とファウルにまみれた決勝戦。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/12 12:40

スペインの「エレガント」が頂点に!!誤審とファウルにまみれた決勝戦。<Number Web> photograph by Getty Images

「より攻撃に優れたチームが、勝つべきだから」

 今回のW杯は大会が進むにつれ、「守備的なチーム」が淘汰され、「攻撃的なチーム」がベスト4のうちスペイン、オランダ、ドイツと3チームを占めた。ただ、攻撃の哲学はチームによってやや異なり、スペインは「エレガント(華麗)」、オランダは「エフェクティブ(効率)」に重点を置いていた。

 だから、今回の決勝を一言で表すとこうなる。

 エレガントが、エフェクティブに勝った、と。

 試合前、オランダの英雄ヨハン・クライフはこう言っていた。

「私はオランダ人だが、スペインに勝ってほしい。より攻撃に優れたチームが、勝つべきだから」

 クライフはオランダでTVを見ながら、母国が敗れたという一抹の寂しさと、自らがサッカー哲学をもたらした国がW杯を勝ったという達成感を、同時に味わっていたに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ