野球善哉BACK NUMBER

今季、気になる“世代交代”の主役は?
楽天・西田哲朗とロッテ・江村直也。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/03/26 10:31

今季、気になる“世代交代”の主役は?楽天・西田哲朗とロッテ・江村直也。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

楽天の春季キャンプ・紅白戦での西田哲朗の溌剌としたプレー。早く怪我を治して、本調子で松井とポジション争いを繰り広げて欲しい。

西武時代に細川、炭谷を育てた伊東監督ならば……。

 とはいえ、伊東監督には西武時代に炭谷銀仁朗を高卒1年目で抜擢したという実績がある。

 高卒1年目の捕手が開幕マスクを務めるのは至難の業だが、そうした思い切った采配が、劇的な変化・成長をチームに及ぼしたことも確かなのである。

 伊東監督の西武政権下で、細川亨(ソフトバンク)が立派に育ち、炭谷が今は正捕手として活躍しているのを見ると、あのような大胆な起用がチームにもたらす影響も大きいのだろうと想像できる。

「自分のプレーのどこが通用するという確信はないです。今は勉強しているという感じです。でも、一軍にいる以上はレギュラーを狙いたいと思っています。たくさんのお客さんの前でプレーするのは楽しいし、やってやろうという気にはなりますから」

 若手のホープがレギュラーの座を狙い、ベテランと争う構図はどの球団にもある。

 西田、江村とも、目指す選手があきらかに格上であることは間違いないが、松井や里崎が引退するのを待つのではなく、彼らの壁を越えてこその「世代交代」だと思ってほしい。

 ルーキーが、あるいは3~4年目の若手がベテランに取って代わる瞬間を今シーズンの一つの楽しみとしたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
西田哲朗
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
江村直也
松井稼頭央
伊東勤
里崎智也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ