野球善哉BACK NUMBER

今季、気になる“世代交代”の主役は?
楽天・西田哲朗とロッテ・江村直也。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/03/26 10:31

今季、気になる“世代交代”の主役は?楽天・西田哲朗とロッテ・江村直也。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

楽天の春季キャンプ・紅白戦での西田哲朗の溌剌としたプレー。早く怪我を治して、本調子で松井とポジション争いを繰り広げて欲しい。

 惜しくも準決勝敗退で終わったWBCだったが、その戦いの中で改めて存在価値を高めたのがベテランの存在だった。

 ベストナインに輝いた井端弘和の活躍は、熟練の技がみせるいぶし銀のバッティングやメンタリティーが、若手にはまだ手の届く存在ではないことを改めて認識させたものだった。

 とはいえ、そう言ってばかりもいられない。ベテランの力は貴重だが、いつの日か、その座を追われる日もやってくるのだ。

 間もなく開幕する2013年シーズンでは、どんな若手の台頭を見ることになるのだろうか。

楽天4年目の西田は松井稼の定位置を虎視眈々と狙う。

「ここが踏ん張りどころやと思います」

 そう語っていたのは楽天の4年目・西田哲朗である。

 昨シーズンの終盤から一軍に昇格、プロ初安打初打点を記録した。今年の春季キャンプでは一軍に帯同し、その存在をアピールし続けてきた。オープン戦ではWBC参加のために抜けた松井稼頭央のポジションを奪うかのように連日、試合に出場していた。

 ところがオープン戦の期間中、急に調子を崩してしまい、しかもそのタイミングでWBCから松井が戻ってきてしまう。3月21日の日ハムとのオープン戦では、チームに再合流した松井が即スタメン復帰。西田はあっさりとベンチへ追いやられた。この日は、日ハム大谷翔平の「二刀流デビュー」として騒がれた試合だったのだが、各種メディアで華やかに報道合戦が繰り広げられたその陰で、チーム内ではベテランと若手の熾烈な争いが始まった日でもあったのだった。

「広島とのオープン戦で腰を少し痛めて、そこから調子が悪くなっていました。今は悪い状態から抜け出せていない状況ですね。でも調子さえ戻れば、一軍でも問題なくやれると思っています。今日はカズオさんがスタメンで僕は外れるんですけど、調子を戻すことを考えて……今が踏ん張りどころだと思っています」

 そう話す西田は '09年ドラフト2位で楽天に入団した。高校時代は甲子園未出場ながら、打って守れる大型内野手として期待された選手である。

【次ページ】 注目されるほどに力を発揮する「ここ一番」の勝負強さ。

1 2 3 4 NEXT
西田哲朗
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
江村直也
松井稼頭央
伊東勤
里崎智也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ