SCORE CARDBACK NUMBER

「無理せずやり直す」という
日本スタイルの功罪。
~清武、長友のプレーに感じたこと~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/03/20 08:00

「無理せずやり直す」という日本スタイルの功罪。~清武、長友のプレーに感じたこと~<Number Web> photograph by AFLO

代表では縦への意識が際立つ長友だが、セリエでは時に更なる積極性を要求されることも。

 日本でサッカーを見ていて、ピッチ上の選手からこんな声がよく聞かれるようになったのは、もう十数年以上前のことだろうか。

 やり直せ!

 例えば、サイドにボールを展開して攻撃しようとしたとき、前方へのパスコース、あるいはドリブルするためのスペースを見つけられなかったとする。そんなときには、無理に確率の低い攻撃に打って出る必要はなく、一度ボールを下げてやり直せ、という意味だ。

 なるほど、カウンターを受けるリスクを減らすという点においても、無理せずにやり直すのは悪いことではない。

 だが、その結果、どうも日本のサッカー(Jリーグでも高校サッカーでも)は、攻撃が停滞しがちになった。確かにパスはつながっているが、ボールが前に進まず、シュートにも至らないのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 536文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

追憶の90's

Sports Graphic Number 824・825

追憶の90's

 

関連記事

長友佑都
清武弘嗣

海外サッカーの前後の記事

ページトップ