南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

左サイドからもっと攻めていれば……。
大久保嘉人の「献身」と「心残り」。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byFIFA via Getty Images

posted2010/07/01 11:50

左サイドからもっと攻めていれば……。大久保嘉人の「献身」と「心残り」。<Number Web> photograph by FIFA via Getty Images

「DFの“D”がつくぐらい守備ばっかりしとった」

 だが、大会前、「俺が全部決めるからボールをよこせ」と豪語し、一番欲していたゴールは奪えなかった。オランダ戦では、シュートを打ち続け、パラグアイ戦でも開始早々、自らのシュートで勢いをつけた。しかし、最後までゴールは、遠かった。

「ゴールできんかったことは、気にしてないよ。ずっとFWとして前におるんだったら悔しさもあったと思うけど、俺のポジションはMFだけど、DFの“D”がつくぐらい守備ばっかりしとった。でも、それでチームに貢献できたし、チームも勝ってきたんで、自分がゴールできんかったという悔いはないよ」

 大久保は、そうキッパリと言った。

 チームはベスト16という結果を残し、大久保はゴールこそなかったが、攻撃陣の一角として輝いた。強豪との試合も「すげぇ楽しめた」と、サッカーを楽しんでいるのが印象的だった。だが、だからこそ欲が生まれたはずだ。もっと世界でやりたい、もう1度、W杯で戦いたいという気持ちが。

なにかと話題を提供してくれる男の気になる動向。

「うーん、どうやろ。こんだけやれたから、たしかにもう1回という気持ちはある。やっぱりカメルーンとかオランダとか世界と本気で試合できるのは、楽しいからね。これは日本じゃ味わえん。ただ、また次のW杯までの4年間は長い。長いよ、やっぱり……。だから、この先のことは分からん。ちょっと休んで考えたいね、いろいろとね」

 大久保は、冷静にそう言った。

 そこには、やんちゃでゲーム中にキレそうになっていた大久保の姿はなかった。チームに献身的な守備で貢献し、勝つことの喜びを味わい、そのために自己犠牲の精神を学び、一皮むけた大久保がいた。

 だが、「いろいろ」と言った大久保のニヤリとした表情が気になった。昨年もいきなりドイツ行きを決めたり、なにかと話題を提供してくれる男である。W杯でプレイヤーとしても人間としても成長しただけに、今後の大久保の動向が気になる。

――いろいろって何?

「まぁ、いろいろよ」

 大久保は、笑って答えなかった。

関連記事

BACK 1 2
大久保嘉人
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ