SCORE CARDBACK NUMBER

名門・常翔を花園制覇に
導いた未来のスター候補。
~重一生、「史上最強」への挑戦~ 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2013/01/27 08:00

名門・常翔を花園制覇に導いた未来のスター候補。~重一生、「史上最強」への挑戦~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

決勝は御所実の厳しいマークを受けノートライに終わるも、頑健な体でボールを活かした。

「工大・常翔史上最強と言われるチームになりたいです」

 常翔学園の背番号15、FB兼SHの重一生(しげいっせい)は言った。

 工大とは、高校ラグビーで全国制覇4度を誇った大阪の名門校、大阪工大高。常翔とは、その工大が'08年に校名変更した常翔学園のことだ。新春5日の全国高校ラグビー準決勝。常翔は、やはり優勝5度を数える東京の名門・国学院久我山と伝統校同士で対決、準決勝以上では史上最大得点差となる57対0の圧勝を飾った試合後、重一生は言ったのだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

重一生
山沢拓也
松田力也
常翔学園高校
國學院久我山高校
東福岡高校

ラグビーの前後のコラム

ページトップ