SCORE CARDBACK NUMBER

新興「チームタディ」が
アジアのレース界を変える。
~元GPライダー・岡田忠之の挑戦~ 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2013/01/22 06:00

新興「チームタディ」がアジアのレース界を変える。~元GPライダー・岡田忠之の挑戦~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

左はコンストラクターの森脇氏。彼らの活躍で日本のレース界の未来を明るくしてほしい。

 ホンダのテストライダーをしながら後進の指導に力を注いできた、元GPライダーの「タディ」こと岡田忠之氏が、このほど新チームを結成。来季からモト2クラスに参戦することになった。暗い話題が多いレース界で大きな話題を呼んでいる。

 500ccクラス5シーズンで通算4勝、最高年間ランク2位という日本人選手の記録を持つ岡田氏は、ニューチャレンジの動機について、こう語ってくれた。

「10数年前まで、日本人選手はすべてのカテゴリーで優勝争いをしていた。それが最近は表彰台にも立てない。ひとことでいえば日本のレース界のレベルが低下している。その理由はいくつもあるが、若い選手たちが成長できる環境がなく、世界にチャレンジする方法も、目標も持てなくなってしまった。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

岡田忠之
ホンダ
高橋裕紀

MotoGPの前後のコラム

ページトップ