Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<カメルーン戦秘話>
真相。~初戦勝利の舞台裏~ 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Nakanishi(JMPA)

posted2010/06/26 08:00

<カメルーン戦秘話>真相。~初戦勝利の舞台裏~<Number Web> photograph by Naoki Nakanishi(JMPA)
6月14日カメルーン戦。
迷走していたチームは、なぜひとつにまとまったのか。
遠藤保仁の証言で貴重な1勝を振り返る。

「ロスタイム、4分もあるのか」

 カメルーン戦、掲げられたボードを見た遠藤保仁は、思ったよりもロスタイムが多いなと思った。スタジアムには時計がなく、なんとなく時間を推し量っていたが、正確には掴めていない。ベンチからも時間の通知はなかった。

 日本は、カメルーンのパワープレーの脅威にさらされている。だが、4年前のドイツW杯、オーストラリア戦で味わった「いつかやられる」という恐さは感じなかった。

「いけるでしょ」

 遠藤は、勝利を確信していた。

 実はこの試合、中盤の遠藤はキックオフから7分が過ぎるまで一度もボールに触れなかった。

「出足から(本田)圭佑の頭を目掛けて、けっこうロングボールを蹴っていたからね。まあ最初はセーフティにやって、失点したくないという気持ちが強かったんだと思うけど、それにしてもちょっと蹴り過ぎやった。落ち着いてやれば全然回せるのに。ただ、みんな、すごい集中していた。あれが効いたんかなあって思ったね」

 遠藤が言う“あれ”とは、1本のビデオである。

 キックオフ直前のミーティングで、選手たちは過去の日本代表戦のビデオを見ていた。身体を張って守備するシーン。身体を投げ出してゴールを決めるシーン。それは、「俺たちはチームのために戦ってきたんだ」という一体感を喚起するようなビデオだったという。戦いへのモチベーションが上がり、やがて選手の目の色が変わった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦、日本代表。6.24 vs.デンマーク 

Sports Graphic Number 2010/6/29臨時増刊

決戦、日本代表。
6.24 vs.デンマーク 

 

遠藤保仁
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ