MLB東奔西走BACK NUMBER

MLB市場の日本人評価は回復基調!?
藤川、中島の高評価に表れる期待感。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/12/28 10:31

MLB市場の日本人評価は回復基調!?藤川、中島の高評価に表れる期待感。<Number Web> photograph by Getty Images

海外FAでシカゴ・カブスと2年950万ドル(約8億円)という破格の契約を結んだ藤川球児投手。メジャーでクローザーとしての活躍を目指す。

双方に利点が少ないポスティング制度は見直すべきでは?

 かねてよりメジャーにおける日本人選手の評価は非常に流動的だというのを説明してきた。来季の2人の選手の契約合意を見る限り、どうやら最近の日本人選手の評価は上向きに転じており、今後のメジャー移籍にも追い風になるかもしれない。

 その一方で浮き彫りになったのが、ポスティング制度の悪影響だ。

 この制度では、メジャー球団には独占交渉権を得るためだけに、未知数の選手に対し入札金としての高額資金を強い、移籍希望をする選手は1チームとしか交渉が許されない。

 しかも、日本の球団も入札金を受け入れるかどうかの権利があるだけで、それ以降の交渉には一切参加できないのだから、日米どちらの立場から見ても利点が少なすぎる。

 日米両チームが交渉に参加できて交渉相手も自分たちで選べる制度……例えばプロサッカーでも用いられるレンタル移籍制度などを導入して、それに1日でも早く移行すべきではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
シカゴ・カブス
藤川球児
ロサンゼルス・エンゼルス
ジョシュ・ハミルトン
ザック・グリンキー
中島裕之
オークランド・アスレチックス

MLBの前後の記事

ページトップ