南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

岡田監督の方向転換をどう考えるか?
“6・24決戦”への複雑な想い。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byFIFA via Getty Images

posted2010/06/24 11:00

岡田監督の方向転換をどう考えるか?“6・24決戦”への複雑な想い。<Number Web> photograph by FIFA via Getty Images

日本人らしいサッカーでなくとも得るものが必ずある!

 ここでまた、ひとつの逆説が脳裏をよぎる。

 日本人らしいサッカーでないとしても、勝ち上がることで得るものは確実にある。そして、このサッカーで勝ち上がったその先に、今度こそ日本人らしいサッカーで勝ちたいという欲求が、いまよりもっと深く大きいものとして生まれるのではないか、と。

 6月24日の注目点は、前回王者のイタリアがグループリーグを突破できるかどうかにある。大会全体から見れば、日本対デンマークはさして重要なカードでないだろう。デンマークが日本を退けて2位に滑り込むと考えている記者やファンが、世界的には多数派かもしれない。 

“ドーハの悲劇”“ジョホールバルの歓喜”と並ぶ日付に。

 第三者がどのように考えるのかは、我々には関係ない。

 2010年6月24日は、日付だけで多くの記憶が蘇る一日となるはずだ。10月28日と聞いて“ドーハの悲劇”を、11月16日と聞いて“ジョホールバルの歓喜”を思い出す人がいるように。

 8年前の忘れものを、取りに帰るためのゲームでもある。2002年6月18日のトルコ戦で抱いた消化不良は、いまも胸のあたりで燻る。雨の宮城スタジアムで抱いたやるせなさの行き先は、デンマークから勝ち点をあげることで見つけることができる。

 胸の高鳴りを抑えるのが、そろそろ難しくなってきた。

 日本サッカーの未来を変えるキックオフは、もうすぐである。

関連記事

BACK 1 2
岡田武史
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ