ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

3ゴール、5アシストで前半戦終了。
清武弘嗣を覚醒させた、ある試合。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/21 10:31

3ゴール、5アシストで前半戦終了。清武弘嗣を覚醒させた、ある試合。<Number Web> photograph by AFLO

11月28日のホッフェンハイム戦でゴールを決めた清武。この試合の清武にキッカー誌は1.5点と高評価、ビルト紙は最高評価となる1点を付け(共に最高点は1点で最低点は6点)、第14節のベストイレブンにも選出した。

長谷部や香川が切り開いてきた道より、さらに先へ!

 ここまで清武が記録している3ゴールはチームトップタイで、5アシストはチーム単独トップ。ニュルンベルクの中でもっとも多くのゴールを演出しているため、十分な活躍を見せたと評価されてもいいのかもしれない。

 だが、彼はチームを勝利に導くカギを握る存在として極東からやってきたのだ。これだけで満足できるものでもないだろう。

 厳しい条件設定なのかもしれない。ただ、長谷部誠や香川真司などの先輩がブンデスリーガで築いてきたものがあるから、日本人の評価が高まり、清武は当初からチームの中心として君臨できる環境を手に出来たことも事実だ。今度は、清武自身がさらに日本人の価値を高めていくことで、未来の日本人選手たちに新たな道を拓いていくことになる。海外でプレーする日本人選手として、これほど素晴らしいことはないだろう。

 2013年のニュルンベルクの初戦は1月19日にハンブルガーSVをホームに迎え撃つ。清武はどんなプレーを見せてくれるだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
清武弘嗣
ニュルンベルク

海外サッカーの前後の記事

ページトップ