NumberEYESBACK NUMBER

中山雅史はずっとスターであり続ける。
~福西崇史が感じたゴンの存在感~ 

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/25 06:00

中山雅史はずっとスターであり続ける。~福西崇史が感じたゴンの存在感~<Number Web> photograph by AFLO

12月4日に札幌で会見を行った中山。福西と中山はジュビロ磐田で12年に渡って共にプレーし、黄金期を支えた。

12月4日、2012年限りで第一線から退くことを発表した中山雅史。
磐田の黄金期を共に支えた福西崇史が、偉大なストライカーを回想する。

 携帯電話に表示された不在着信通知を見て、何となく、そういう話なんだろうと察しました。

 折り返してつながった電話の向こうで、中山さんは今季限りで第一線から退くことを伝えてくれました。

 膝のケガの影響で“一歩”が出なくなってしまったこと、それによって理想とするイメージとのギャップを埋め切れないこと。その言葉からは、決断せざるを得ない歯がゆさやもどかしさも感じられました。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1161文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

中山雅史
ジュビロ磐田
福西崇史

Jリーグの前後のコラム

ページトップ