プロ野球亭日乗BACK NUMBER

今年の巨人に“穴”は無い?
主力離脱を補完する選手たち。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph bySPORTS NIPPON

posted2010/06/15 10:30

今年の巨人に“穴”は無い?主力離脱を補完する選手たち。<Number Web> photograph by SPORTS NIPPON

6月9日のオリックス戦では、先発の黄に続いて星野真澄、山口鉄也両投手が登板し、史上初の育成出身3投手によるリレーが実現した

黄、星野、久保の3人合わせてゴンザレスひとり分?

 だが、肝心なのは、この右腕にゴンザレスの代役を完全に任せたのではないということだった。

 ゴンザレスの穴が10だとすれば、黄に託したのはその穴の3か4ぐらいを埋めてもらうことだった。3回3分の1で2失点。先発としては不満な内容だが、それで十分だと思って送り出している。そこから同じ育成枠出身の左腕・星野でつないで、久保で3か4の穴を埋めさせる。そして最後は山口、越智という継投で10の穴は埋まっていく。

 こうして次から次と補完剤となる選手が出てくることで、チームの穴を埋めていく。それが今季の巨人の強さでもあるわけだ。

主力が故障しても即座に対応できる原監督の“危機管理術”。

 実は今季はグライシンガーが開幕から戦列を離れた時点で、西村がその穴埋めの補完剤となっている。また内海が故障で戦列を離れたときには久保が、その役割を果たしている。打線では小笠原が死球で先発を外れたときには古城と脇谷で穴をふさいだ。

「ヨシノブ(高橋由)や亀井、慎之助(阿部)ばかりか谷でもファーストを守るのもそういうこと。ベテランといえども複数のポジションをこなせるようにすることも危機管理の一つだし、今年はもし誰かがアクシデントでいなくなっても、常に補充できる選手団、一人の選手ではなくて複数の選手団を用意できるようにチームを作ってきた。その結果が今のチームだと思うよ」

 原監督の答えだった。

今年の巨人の戦い方は黄金時代を築くための試金石だ。

 去年のように安定的な強さではない。しかし、今年の巨人は粘っこい。

 常に磐石の戦いができるシーズンばかりではないはずだ。連覇を続けていく中では、必ずこうして粘り強く勝ち抜かなければならない年もでてくるはずだ。その意味では、今年を巨人が勝ち抜けば……。

「最低でもこのチームで5連覇したい」

 原監督の掲げる大目標達成のメルクマールとなるシーズンとなるはずだ。

関連記事

BACK 1 2
読売ジャイアンツ
黄志龍
星野真澄
久保裕也

プロ野球の前後の記事

ページトップ