野球善哉BACK NUMBER

「見極め」「指名」から「見守る」まで。
プロ野球スカウトの役割を再考する。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/11/07 12:25

「見極め」「指名」から「見守る」まで。プロ野球スカウトの役割を再考する。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

セ・リーグのCSファイナルステージ初戦で勝利投手となった大野雄大。「野手のみなさんのおかげです」と周りを気遣う礼儀正しいコメントを残している。

大野雄大の活躍に垣間見えた、米村スカウトの存在。

 今季、ローテーションの一角を務めた2年目の大野雄大にも、厳しい眼を向けていた時期があった。

 ローテーションに入り始めた頃のこと。米村スカウトは、どうも大野のピッチングに納得がいっていないようだった。

「結果が欲しいから、気持ちは分かるんやけど、腕を振ってない。ピッチング自体が守りに入っとるよね。あいつは腕を振ってナンボのピッチャーなんやから」

 その後……CSファイナルステージの巨人戦で2度マウンドに立った大野は、米村スカウトの言っていた通り、腕をしっかり振れていた。

 第1戦目では内海哲也に投げ勝ち、最終戦では途中登板ながら3回を無失点に抑える好投も見せていた。2度の登板ともに、大野本来の相手に向かっていく姿勢がよく見えた、小気味良い投球内容だった。

 大野の活躍の陰に、米村スカウトの影響がどれほどあったのだろうか――。

見極め、指名し、入団させ、見守り続ける――スカウトという仕事。

 スカウトというのは、あくまで黒子の存在だ。

 一般的には、選手の成功を裏で支えているのは、コーチの指導力であり、監督の起用法であり、家族の協力、ということになっている。スカウトの存在がクローズアップされることはほとんどないし、スカウト自身もそれを望んではいない。

「見極める」「指名する」「入団にこぎつける」……そして入団後、「見守る」。球団に入る前から退団後まで、ずっと選手を見守り続ける、このスカウトという仕事。その存在は、チームを強くするための非常に重要な鍵なのだということを、忘れてはならない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
吹石徳一
池之上格
米村明
東北楽天ゴールデンイーグルス
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
大野雄大
枡田慎太郎
能見篤史
蕭一傑

プロ野球の前後の記事

ページトップ