MLB東奔西走BACK NUMBER

“選ばれし者”ハーパーが、
ストラスバーグと黄金期を築く! 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph bySports Illustrated/Getty Images

posted2010/06/14 10:30

“選ばれし者”ハーパーが、ストラスバーグと黄金期を築く!<Number Web> photograph by Sports Illustrated/Getty Images

『スポーツ・イラストレイテッド』2009年6月8日号の表紙を飾ったハーパー。表紙を飾ったことに対して「信じられない」と語ったが、その一方では「いつかヤンキースでプレーして殿堂入りしたい」と語るなど、その野望は大きい

グリフィーJr.、A・ロッドを超えるハーパーの潜在能力。

 今年2月から始まったカレッジのシーズンでもハーパーの輝きは衰えることを知らなかった。カレッジでは金属バットの使用が認められているが、ハーパーはシーズンを通して木製バットを使用しながら、66試合に出場し打率4割4分3厘、31本塁打、98打点を残し、チームをカレッジの全国ランキング2位に押し上げるとともに、全国大会出場に導いた。

 ボラスはハーパーの才能が17歳時点でのケン・グリフィーJr.やアレックス・ロドリゲスを超えていると公言し、スカウトたちはすでにメジャー・クラスのスイングとバットスピードを有していると口を揃える。

ナショナルズは“外野手”のハーパーに可能性を見出した。

 カレッジ出身者としては初の全体1位指名に踏み切ったナショナルズだが、それは難しい決断ではなかった。ただし、ハーパーの現在のポジションである“捕手”ではなく“外野手”として指名したのだ。

 その理由をマイク・リゾGMは「彼の守備力は申し分なく、メジャーでも通用する捕手になれると確信しているが、外野手にすることでさらに彼の可能性を引き出せると思った」と説明する。

 ナショナルズの当面の目標は、豪腕ボラス相手に期限の8月16日までに契約をまとめることだ。

 昨年同じくナショナルズが全体1位指名し、ドラフト史上最高額の1510万ドルで契約したスティーブン・ストラスバーグの代理人も同じボラスだった。ハーパーの年齢を考えれば高校生クラスの金額が叩き台になるのだろうが、相手がボラスでは決して一筋縄ではいかないだろう。

超逸材投手ストラスバーグとのコンビで黄金時代を築くか。

 それでも2年連続で超逸材を指名でき、リゾGMは「これだけの逸材が2年連続で登場したのは記憶にない。まさにラッキーとしかいいようがない」とご満悦。

 すでにストラスバーグは、ドラフト翌日の6月8日にメジャーで初登板し、パイレーツ相手に7回4安打2失点14三振で勝利投手になる鮮烈なデビューを飾っている。

 ここに順調に成長し数年後にハーパーがチームに加わるとしたら……。

 投打のスーパースター候補を手に入れた“弱小”ナショナルズに、近い将来黄金期が訪れそうな予感すらさせられる。

関連記事

BACK 1 2
ブライス・ハーパー
スティーブン・ストラスバーグ
ワシントン・ナショナルズ

MLBの前後の記事

ページトップ