欧州サムライ戦記BACK NUMBER

CLで2失点に絡んだ内田篤人は、
“負のイメージ”を払拭できるのか?  

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2012/10/04 12:35

CLで2失点に絡んだ内田篤人は、“負のイメージ”を払拭できるのか? <Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

自身、今季CL開幕戦となった、ホームのモンペリエ戦。コンディションの良さが目立ち、攻守に優れたプレーを見せた内田だったが、チームの2失点に絡む展開となり、DFとしては後味の悪い試合となった。

ステフェンス監督はこの日の内田をどう評価するのか?

 例えば、この試合を中継した放送局のSKYでは、モンペリエの1点目のシーンについて、こう説明している。

「内田は、あまりに簡単にシュートを許した」

 一方で、ハーフタイムにはチームメイトたちは内田にねぎらいの言葉をかけている。

「『しょうがねぇ、しょうがねえ』みたいに、すげぇ言われた。オレ、(最初の失点のときに)そんなに落ち込んでいる風に見えたのかな? 『あれは、相手が上手い』って言われてね。でも、ああいうのは止めていかないと、と個人的には思っていたけど」

 大事なところで相手の攻撃を止められない。そういうイメージを持たれてしまえば、それを塗り替えることは簡単ではない。この試合を、この日の内田のプレーを、ステフェンス監督は果たして、どう評価するのだろうか。

 内田はこれから、強い選手であることを、体を張れる選手であることを、練習で、チャンスを与えられた試合で、証明していくしかない。

「そうそうそう。また、やり直しですよ」

 試合後に、内田は短く答えた。

 勝てる試合を落としたシャルケにとっては、悔しさが残ることとなった。良いプレーを見せているのに、失点に絡む形になった内田にとってもそれは同じ。

 救いとなるのは、グループステージはまだ4試合も残っているということ。自らの力で、状況を変えていけるチャンスがあるのだから。

関連記事

BACK 1 2 3 4
シャルケ
内田篤人
ロマン・ノイシュタッター
ベネディクト・ヘベデス
クラース・ヤン・フンテラール
ユリアン・ドラクスラー
クリスティアン・フクス
モンペリエ
ジェファーソン・ファルファン
フーブ・ステフェンス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ