野ボール横丁BACK NUMBER

選抜優勝校がまだまだ「成長」途上!?
大阪桐蔭が見せた、さらなる伸びしろ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/08/13 17:50

選抜優勝校がまだまだ「成長」途上!?大阪桐蔭が見せた、さらなる伸びしろ。<Number Web> photograph by Kyodo News

5回表、笠松悠哉(手前)の本塁打に沸く、大阪桐蔭ベンチ。貪欲な走塁を強打に織り交ぜた攻撃で、木更津総合を圧倒した。

「1秒たりとも慢心していると感じたことはなかった」

 だが試合前、監督の西谷浩一はこう話していた。

「春に優勝した経験がなかったので、その後、気が緩んでしまわないかと心配だった。でも私も選手たちも、夏に優勝しなければ意味がないと、ずっと思い続けてきた。だから、1秒たりとも慢心していると感じたことはなかったですね」

 西谷は、このチームは、もうひと伸びすると信じている。

「これまで見てきたチームの中では、力的には真ん中ぐらい。力だけで圧倒することはできない。だから、春から夏にかけて、走塁に力を入れてきた。スキがあったら、とにかく次を狙っていこう、と。今日も、そういった目に見えないところで相手にプレッシャーをかけることができたと思います」

一見、力でねじ伏せた感のある圧勝劇だったが……。

 結果的には、2本塁打を含む12安打で8点を挙げ、投げては、この日最速153キロをマークした藤浪晋太郎が14三振を奪い完投するなど、力でねじ伏せた感がある。

 だが、木更津総合投手陣の甘いボールを誘発したのは、大阪桐蔭の常に次の塁を狙う姿勢だったとも言える。また藤浪もこう感謝した。

「今日は野手の人にリズムをつくってもらった」

 西谷がこう締める。

「前回優勝したとき(2008年夏)は、大会前は本当に力のないチームだった。でも大会を通して、どんどん強くなっていった。今年のチームも、その可能性は十分に秘めていると思いますよ」

 まだまだ先は長いが、連覇への視界は、とりあえず良好だ。

関連記事

BACK 1 2
西谷浩一
藤浪晋太郎
大阪桐蔭高校
木更津総合高校

高校野球の前後の記事

ページトップ